『ありがとう』あふれる家庭になった理由

ありがとう

わが家に『ありがとう』があふれるようになったのには理由があります。

あるとき、食卓にお箸を持ってきた妻に「ありがとう」と言ったら、

「いちいち『ありがとう』なんて言わなくてもいいよ」

と微笑んで言われました。

(『ありがとう』を言わなくてもいいってどういうこと??)

理由を聞いたところ、自分の育った家庭は『ありがとう』を言わなかったし、私たちは家族なんだから言わなくてもいいよ、と言うのです。

私の育った家は妻の家庭と正反対。
母がお茶碗を食卓にもってくるだけで父が『ありがとう』を言う家庭でしたので、家族でも『ありがとう』を言うことは当然だと思っていました。

自分の価値観を否定されたような気がした私は

(それは違うよ!)

と思わず言いたくなったのですが、妻の言うことを否定するのも何か違うような気がしたのです。(←このあたりが愛)

だからといって『ありがとう』を封印するのも嫌。

数秒間モンモンとした結果、こう伝えました。

「いいのいいの。オレが『ありがとう』を言いたいだけだから」

そうでした。
私は妻にありがとうを言ってもらいたいワケじゃないのです。

自分が言いたいだけ
でした。

自分の価値観と違うことを言われると、否定された気持ちになります。
でも、よくよく考えると、否定されているわけじゃない。
妻は良かれと思って「言わなくていいよ」と提案しているだけなのです。(←この解釈も愛ね(笑))

ですから、妻の考え方を変えようとはせず、私はそのまま『ありがとう』を言い続けました。

 

・・・・・

 

それから1ヶ月後。
夕食の食器を片づけたときに妻が「ありがとう」と言ってることに気付いたのです。そういえば最近・・・

私「最近『ありがとう』って言ってない?」

妻「最初はちょっと言ってみたけど、恥ずかしかったから嫌だった」

(恥ずかしかった!?それが言えないハードルだったの?全然気づかなかった…)

妻「けど、何度か言ってみたら気分が良かった。」

私「うん…」

妻「んで、3週間くらいしたら、普通に言えるようになった。

私「へぇぇええ・・・」

人の変わる瞬間に立ち会えるって、とっても神秘的。
価値観の違う他人なのに年中一緒にいる夫婦ならではの、すばらしい体験でした。

そして、我が家には『ありがとう』があふれることになったのです。

 

ico_clover1妻を変えようとしなくて良かったと、しみじみ思います。

そもそも『ありがとう』なんて、押し付けるものではないですから(笑)

相手を受け入れることの大切さを気付かせてもらったのも、奥さまのおかげでゴザイマス!(タイトルコール(笑))